10月の月案文例(4歳児・環境配慮)

  • 運動会の種目について、作戦を立てたり、どんな踊りにしたいかを話したりする機会をつくる。
  • 各家庭から持ち寄ったさつま芋のレシピを紹介したり、掲示したりする。
  • スコップやくわ、軍手など、芋ほりに必要なものを用意しておく。
  • 運動遊びをした後は、ゆったり休む時間や室内遊びで過ごす時間を設ける。
  • 運動遊びを楽しめるような言葉をかけ、運動がしたくなるような環境を設定する。
  • 子どもが食器の片付けをしやすい動線を確保する。
  • 子どもたちが話したいという気持ちが持てるよう、ゆったりとした雰囲気をつくる。
  • 自分の思いが伝えられるように、ゆったりとした雰囲気をつくる。
  • 友だちと楽しく歌ったり、体を動かしたりできる曲や遊具を用意する。
  • 秋の自然に興味が持てるよう図鑑等がすぐに観る事が出来るよう環境を整える。
  • 運動会後は、一人ひとりの姿を認めたり、友だちと協力して取り組んできたことを振り返って話し合ったりし、達成感を味わえるようにする。
  • 運動会の種目は、日常の遊びの1つとして取り入れ、友だちと協力して楽しめるように配慮する。
  • 音楽に合わせて体を動かす楽しさ気持ちよさを味わえる雰囲気作りをしていく。
  • カゴの中身の整理整頓をすると使いやすくなる事を伝え一緒にやっていく。