9月の月案文例(0歳児・職員との連携)

  • 自分の思いがとおらず、かんだりひっかいたりトラブルが起きたときには、保育者間で同じ対応がとれるように話し合う。
  • 人見知りや後追いの時期が始まっているので、できるだけ決まった保育者が育児行為や朝の受け入れをするように調整していく。
  • 一人ひとりの動きや居場所を把握して、保育者同士が声をかけ合って動く。バランスをくずして転倒するなどの危険も予想されるので、目を離さないようにする。
  • 保育者同士の会話は、丁寧で優しい言葉を使うようにする。