9月の月案文例(1歳児・環境配慮)

  • 巧技台で登ったり飛び降りたりするので、やり方を知らせながら危険のないようにする。
  • 保育者とのやり取りを楽しみながら、模倣遊びを十分できるように関わる。
  • 外から帰った時や食事前など、手洗いを促していき、清潔な手で食事をする喜びを共有できるようにする。
  • トイレで排泄しようとする気持ちを大切にし、便座に座ることを褒め、意欲につなげるようにする。
  • 排泄では意欲的に便座に座れるよう、楽しい雰囲気づくりをする。
  • 気温の高い日は外遊びでの活動時間を調節していく。
  • トイレで排泄しなくても便座に座れた事を褒めて次も座ってみようと思えるような声掛けをする。
  • 伝えたい思いを十分に受け止め、言葉にして伝える事で安心感が得られるようにする。
  • 指差しした物にはことばに換えて人に伝わる喜びや共感できる事のうれしさを共有する。