9月の月案文例(5歳児・環境配慮)

  • 健康に過ごすための習慣の大切さや必要性について、子どもと一緒に考える機会をもつ。
  • 言葉遊びの楽しさを知り、想像が広がるような遊びを取り入れる。
  • 子どもが手にして楽しめるような絵本の内容や種類を選び、コーナーなどに常備しておく。
  • 子どもたちと固定遊具の使い方について話しあう機会を作る。
  • 飼育している動物の変化に気づくように、観察ケースは見やすいところに置いておく。
  • 表現の幅が広がる材料や用具を十分に用意する。
  • 自分たちの運動会について、友だちと、内容や、進め方、案内の仕方などについて話し合う機会を設ける。
  • 自分の調べたことや尋ねたことを、伝えたり教えたりする姿を認め、促す。
  • 将来なりたい仕事や、その特徴、住みたい場所など、話し合い、様々な仕事や生活があることを知る機会を設ける。
  • 道具の安全な扱い方や準備や片づけ方を経験的に身につけながら遊びを楽しむ。
  • 友だちが調べたことや探求したことを共有できる機会を設ける。
  • やり遂げようとする姿を認め、自信につなげる。
  • 一人ひとりが目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
  • 一人ひとりの発想に共感したり、いろいろな材料を使って工夫しているところを友だちにも知らせたりする。
  • 言葉で表現する姿を見守り、共感したり、必要に応じて言葉を補ったりしながら、楽しさが味わえるようにする。